▲TOPに戻る


Breeders' Cup Marathon
ブリーダーズカップ・マラソン
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考
第1回
2008/10/25
サンタアニタパーク
AW 12F
画像 ムハナク
Muhannak (IRE)
セ4/57.2kg
2:28.24(Fs)
P. スマレン
R. ベケット(GB)
2年前の英セントレジャー勝ち馬 Sixties Icon は5着
第2回
2009/11/06
サンタアニタパーク
AW 14F
画像 マンノブアイアン
Man of Iron (USA)
牡3/55.3kg
2:54.11(Fs)
J. ムルタ
A.P. オブライエン(IRE)
半兄姉に*カジノドライヴ達がいる良血馬がレコード勝ち
古豪 Cloudy's Knightは2着、英セントレジャー馬 Masteryは3着

翌2010年のみ、GIII に格付け

第3回
2010/11/05
チャーチルダウンズ
ダート14F
画像 エルダーファー
Eldaafer (USA)
セ5/57.2kg
2:59.62(Fs)
ジョン・ヴェラスケス
ダイアン・アルバラード(USA)
2位入線 Prince Will I Am は進路妨害で10着に降着、
加害馬のカステリャーノ騎手と3着のボレル騎手が乱闘騒ぎを起こす
第4回
2011/11/05
チャーチルダウンズ
ダート14F
画像 アフリートアゲイン
Afleet Again (USA)
牡4/57.2kg
3:00.39(Fs)
C. ヴェラスケス
R. リードJr.(USA)
この年から、GII に昇格
第5回
2012/11/02
サンタアニタパーク
ダート14F
画像 カリドスコピオ
Calidoscopio (ARG)
牡9/57.2kg
2:57.25(Fs)
A. グライダー
ギジェルモ・フランケル(ARG)
南米調教馬のBC初優勝、離れた最後方から追い込み決める
初ダートの Fame and Glory は道中付いて行けず、競走中止
第6回
2013/11/01
サンタアニタパーク
ダート14F
画像 ロンドンブリッジ
London Bridge (USA)
牡3/55.3kg
2:58.32(Fs)
M. スミス
ジョー・ヒューズ(GB)
1番人気 Ever Rider は大きく遅れて競走中止

翌2014年から、ブリーダーズカップの対象レースから外される

第-回
2014/10/31
サンタアニタパーク
ダート14F
画像 ケアリーストリート
Cary Street (USA)
セ5/54.0kg
2:58.29(Fs)
M. メナ
B. ウォルシュ(USA)
この年のみ "ラスベガスマラソンS" として開催
2着に9馬身1/4差をつけて圧勝
第-回
2015/10/30
キーンランド
ダート14F
画像 ベイルアウトボビー
Bailoutbobby (USA)
セ5/55.3kg
2:56.75(Fs)
J. ロザリオ
D. オニール(USA)
この年から、"マラソンS" として開催
第-回
2016/11/04
サンタアニタパーク
ダート14F
画像 スクーバ
Scuba (USA)
セ5/54.9kg
2:58.20(Fs)
K. カムーシュ
B.P. ウォルシュ(USA)
「スキューバ」
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考
この記事を共有する

補注

* 印は本邦輸入馬を表しています。

南半球産馬の馬齢表記は日本での基準に合わせています。
(7月1日または8月1日と、各国ごとに異なる加齢基準日が採用されています)

負担重量は全てキログラムに換算しています。

馬場状態の略号はこちらでご確認下さい。

使用されている馬アイコンについて

個人サイト・ブログ・各種SNSなど
非営利目的の使用に限り、フリー素材として提供しています。

画像の改編、二次配布、画像への直リンク等はご遠慮下さい。

商用でのご利用時は別途連絡下さいますようお願い致します。

その他のコンテンツ


© おうまのアイコン wire-to-wire All rights reserved.   お問い合わせ

inserted by FC2 system