▲TOPに戻る


フェブラリーステークス
February Stakes
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考

4歳(旧表記で5歳)以上による GIII のハンデ重賞、
"フェブラリーハンデキャップ" として創設(~1993年)

第1回
1984/02/18
東京
ダ1600m
馬アイコン ロバリアアモン
Robaria Amon (JPN)
牡5/56.0kg
1:40.1 (不)
吉永 正人
松山 吉三郎 (美浦)
-
第2回
1985/02/16
東京
ダ1600m
馬アイコン アンドレアモン
Andre Amon (JPN)
牡6/58.5kg
1:36.9 (良)
中島 啓之
松山 康久 (美浦)
-
第3回
1986/02/15
東京
ダ1600m
馬アイコン ハツノアモイ
Hatsuno Amoy (JPN)
牡5/56.0kg
1:36.7 (良)
大塚 栄三郎
仲住 芳雄 (美浦)
アンドレアモン (62.0kg) は6着
第4回
1987/02/21
東京
ダ1600m
馬アイコン リキサンパワー
Rikisan Power (JPN)
牡6/58.5kg
1:36.5 (良)
柴田 政人
高松 邦男 (美浦)
-
第5回
1988/02/20
東京
ダ1600m
馬アイコン ローマンプリンス
Roman Prince (JPN)
牡7/56.0kg
1:37.7 (良)
増沢 末夫
佐藤 征助 (美浦)
-
第6回
1989/02/18
東京
ダ1600m
馬アイコン ベルベットグローブ
Velvet Globe (JPN)
牡6/57.0kg
1:37.2 (不)
郷原 洋行
大久保 房松 (美浦)
-
第7回
1990/02/17
東京
ダ1600m
馬アイコン カリブソング
Carib Song (JPN)
牡4/57.0kg
1:36.7 (不)
柴田 政人
加藤 修甫 (美浦)
ダイナレター (61.5kg) は4着
第8回
1991/02/16
東京
ダ1600m
馬アイコン ナリタハヤブサ
Narita Hayabusa (JPN)
牡4/56.5kg
1:34.9 (重)
横山 典弘
中尾 謙太郎 (栗東)
-
第9回
1992/02/22
東京
ダ1600m
馬アイコン ラシアンゴールド
Russian Gold (JPN)
牡4/55.0kg
1:35.4 (良)
蛯名 正義
大久保 洋吉 (美浦)
蛯名正義騎手、デビュー6年目で重賞初制覇
ナリタハヤブサ (60.0kg) は3着
第10回
1993/02/20
東京
ダ1600m
馬アイコン メイショウホムラ
Meisho Homura (JPN)
牡5/55.0kg
1:35.7 (良)
柴田 政人
高橋 成忠 (栗東)
ナリタハヤブサ (61.0kg) は8着

別定重量戦の "フェブラリーS" として GII に昇格

第11回
1994/02/19
東京
ダ1600m
馬アイコン チアズアトム
Cheers Atom (JPN)
牡5/57.0kg
1:37.8 (良)
本田 優
星川 薫 (栗東)
-
第12回
1995/02/18
東京
ダ1600m
馬アイコン ライブリマウント
Lively Mount (JPN)
牡4/56.0kg
1:36.4 (良)
石橋 守
柴田 不二男 (栗東)
この年から、指定競走として地方馬にも門戸を開放
第13回
1996/02/17
東京
ダ1600m
馬アイコン ホクトベガ
Hokuto Vega (JPN)
牝6/57.0kg
1:36.5 (良)
横山 典弘
中野 隆良 (美浦)
降雪で視界不良

翌1997年から、GI に昇格

第14回
1997/02/16
東京
ダ1600m
馬アイコン シンコウウインディ
Shinko Windy (JPN)
牡4/56.0kg
1:36.0 (不)
岡部 幸雄
田中 清隆 (美浦)
-
第15回
1998/02/01
東京
ダ1600m
馬アイコン グルメフロンティア
Gourmet Frontier (JPN)
牡6/57.0kg
1:37.5 (良)
岡部 幸雄
田中 清隆 (美浦)
前走は芝の中山金杯、歴戦のダート馬たちを直線置き去り
第16回
1999/01/31
東京
ダ1600m
馬アイコン メイセイオペラ
Meisei Opera (JPN)
牡5/57.0kg
1:36.3 (良)
菅原 勲
佐々木 修一 (岩手)
地方所属馬として史上初、中央GI制覇の快挙達成
13歳馬ミスタートウジンは15着(平地GI最高齢出走記録)
第17回
2000/02/20
東京
ダ1600m
馬アイコン ウイングアロー
Wing Arrow (JPN)
牡5/57.0kg
1:35.6 (良)
O. ペリエ
工藤 嘉見 (栗東)
定年直前の工藤調教師が引退の花道を飾る
ペリエ騎手はJRAのGI初勝利、1番人気キングヘイローは13着
第18回
2001/02/18
東京
ダ1600m
馬アイコン *ノボトゥルー
Nobo True (USA)
牡5/57.0kg
1:35.6 (良)
O. ペリエ
森 秀行 (栗東)
初ダートのトゥザヴィクトリー、3着と善戦(次走ドバイWC 2着)
第19回
2002/02/17
東京
ダ1600m
馬アイコン *アグネスデジタル
Agnes Digital (USA)
牡5/57.0kg
1:35.1 (良)
四位 洋文
白井 寿昭 (栗東)
前年の南関東四冠馬、トーシンブリザードは2着
第20回
2003/02/23
中山
ダ1800m
馬アイコン ゴールドアリュール
Gold Allure (JPN)
牡4/56.0kg
1:50.9 (稍)
武 豊
池江 泰郎 (栗東)
振替開催
第21回
2004/02/22
東京
ダ1600m
馬アイコン アドマイヤドン
Admire Don (JPN)
牡5/57.0kg
1:36.8 (良)
安藤 勝己
松田 博資 (栗東)
-
第22回
2005/02/20
東京
ダ1600m
馬アイコン メイショウボーラー
Meisho Bowler (JPN)
牡4/57.0kg
1:34.7 (不)
福永 祐一
白井 寿昭 (栗東)
-
第23回
2006/02/19
東京
ダ1600m
馬アイコン カネヒキリ
Kane Hekili (JPN)
牡4/57.0kg
1:34.9 (良)
武 豊
角居 勝彦 (栗東)
*シーキングザダイヤ、2年連続2着(GIでは7度目)
第24回
2007/02/18
東京
ダ1600m
馬アイコン サンライズバッカス
Sunrise Bacchus (JPN)
牡5/57.0kg
1:34.8 (不)
安藤 勝己
音無 秀孝 (栗東)
この年から、国際競走として開催
第25回
2008/02/24
東京
ダ1600m
馬アイコン ヴァーミリアン
Vermilion (JPN)
牡6/57.0kg
1:35.3 (良)
武 豊
石坂 正 (栗東)
2番人気の川崎記念勝ち馬 フィールドルージュ、
蹄を痛めて競走中止するも大事には至らず
第26回
2009/02/22
東京
ダ1600m
馬アイコン サクセスブロッケン
Success Brocken (JPN)
牡4/57.0kg
1:34.6 (良)
内田 博幸
藤原 英昭 (栗東)
*カジノドライヴ、カネヒキリを捻じ伏せレコード勝ち
ダイワスカーレットは1週前に屈腱炎が判明して回避、引退
第27回
2010/02/21
東京
ダ1600m
馬アイコン エスポワールシチー
Espoir City (JPN)
牡5/57.0kg
1:34.9 (良)
佐藤 哲三
安達 昭夫 (栗東)
-
第28回
2011/02/20
東京
ダ1600m
馬アイコン トランセンド
Transcend (JPN)
牡5/57.0kg
1:36.4 (良)
藤田 伸二
安田 隆行 (栗東)
次走、ドバイワールドカップで2着
船橋のフリオーソ、後方追走から猛然と追い込むも2着惜敗
第29回
2012/02/19
東京
ダ1600m
馬アイコン *テスタマッタ
Testa Matta (USA)
牡6/57.0kg
1:35.4 (良)
岩田 康誠
村山 明 (栗東)
断然人気のトランセンドは先行激化で7着に沈む
第30回
2013/02/17
東京
ダ1600m
馬アイコン グレープブランデー
Grape Brandy (JPN)
牡5/57.0kg
1:35.1 (良)
浜中 俊
安田 隆行 (栗東)
1番人気、ダート初挑戦のカレンブラックヒルは15着大敗
第31回
2014/02/23
東京
ダ1600m
馬アイコン コパノリッキー
Copano Rickey (JPN)
牡4/57.0kg
1:36.0 (良)
田辺 裕信
村山 明 (栗東)
単勝272.1倍、16頭立ての最低人気馬が押し切り大波乱
田辺裕信騎手はデビュー13年目でGI初制覇
第32回
2015/02/22
東京
ダ1600m
画像 コパノリッキー
Copano Rickey (JPN)
牡5/57.0kg
1:36.3 (良)
武 豊
村山 明 (栗東)
前年とは打って変わり、1番人気に応えての連覇
2着インカンテーション、2010年3月24日生まれの2頭で決着
第33回
2016/02/21
東京
ダ1600m
画像 *モーニン
Moanin (USA)
牡4/57.0kg
1:34.0 (重)
M. デムーロ
石坂 正 (栗東)
ノンコノユメを2着に下して雪辱、7戦6勝でレコード勝ち
コパノリッキーは7着、同レース3連覇ならず
第34回
2017/02/19
東京
ダ1600m
画像 ゴールドドリーム
Gold Dream (JPN)
牡4/57.0kg
1:35.1 (良)
M. デムーロ
平田 修 (栗東)
前日に急死した父ゴールドアリュールとの親子2代制覇
*ベストウォーリアはクビ差及ばず、5戦連続の2着
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考
この記事を共有する

補注

* 印は本邦輸入馬を表しています。

馬齢・タイムの表記は現在の基準に合わせています。

競走馬・騎手・調教師が登録名変更を行った場合は、
本競走に出走した時点での姓名を記載しています。

使用されている馬アイコンについて

個人サイト・ブログ・各種SNSなど
非営利目的の使用に限り、フリー素材として提供しています。

画像の改編、二次配布、画像への直リンク等はご遠慮下さい。

商用でのご利用時は別途連絡下さいますようお願い致します。

トップハンデでの優勝馬 (第1~10回)

 1985年 : (58.5kg) アンドレアモン
 1987年 : (58.5kg) リキサンパワー
 1989年 : (57.0kg) ベルベットグローブ
 1991年 : (56.5kg) ナリタハヤブサ

前走芝レース出走馬の成績 (第14~34回)

延べ42頭が出走して、2-0-2-38 (1-2-3-着外)

「初ダート」に限れば、18頭が出走して複勝圏内好走例は
2001年のトゥザヴィクトリー(3着)のみ。

地方所属馬の成績 (第12回~)

成績 馬名 性齢/斤量 騎手 管理調教師
1995 10着 ホクトタイクーン 牡4/56.0kg 久保田 信之 大塚 三郎 (大井)
16着 オーディン 牡6/57.0kg 向山 牧 向山 勝 (新潟)
1996 5着 アマゾンオペラ 牡5/57.0kg 石崎 隆之 出川 巳代造 (船橋)
12着 ヒカリルーファス 牡4/56.0kg 早田 秀治 高岩 隆 (大井)
15着 ハシノタイユウ 牡4/56.0kg 高橋 和宏 佐藤 和伸 (足利)
1997 14着 マリンオーシャン セ4/56.0kg 金井 正幸 森山 英雄 (高崎)
15着 アカネタリヤ 牝5/55.0kg 藤江 昭徳 荒居 貴美夫 (大井)
16着 エフテーサッチ 牝4/54.0kg 松井 達也 小林 文治 (浦和)
1998 15着 バンチャンプ 牡5/57.0kg 佐藤 祐樹 宮下 仁 (船橋)
1999 1着 メイセイオペラ 牡5/57.0kg 菅原 勲 佐々木 修一 (水沢)
2000 4着 メイセイオペラ 牡6/57.0kg 菅原 勲 佐々木 修一 (水沢)
7着 アローセプテンバー 牡5/57.0kg 左海 誠二 北川 亮 (船橋)
15着 オリオンザサンクス 牡4/56.0kg 早田 秀治 赤間 清松 (大井)
2001 10着 アローセプテンバー 牡6/57.0kg 張田 京 岡林 光浩 (船橋)
12着 ナショナルスパイ 牡7/57.0kg 佐々木 竹見 高橋 三郎 (大井)
2002 2着 トーシンブリザード 牡4/57.0kg 石崎 隆之 佐藤 賢二 (船橋)
5着 トーホウエンペラー 牡6/57.0kg 菅原 勲 千葉 四美 (水沢)
2004 4着 ミツアキタービン 牡4/57.0kg 東川 公則 田口 輝彦 (笠松)
12着 トーシンブリザード 牡6/57.0kg 石崎 隆之 佐藤 賢二 (船橋)
14着 ハタノアドニス 牡8/57.0kg 内田 博幸 高橋 三郎 (大井)
2006 7着 アジュディミツオー 牡5/57.0kg 内田 博幸 川島 正行 (船橋)
2007 14着 アジュディミツオー 牡6/57.0kg 内田 博幸 川島 正行 (船橋)
2008 10着 アンパサンド 牡4/57.0kg 戸崎 圭太 池田 孝 (川崎)
12着 フジノウェーブ 牡6/57.0kg 御神本 訓史 高橋 三郎 (大井)
13着 ビッググラス 牡7/57.0kg 今野 忠成 高橋 三郎 (大井)
2011 2着 フリオーソ 牡7/57.0kg M. デムーロ 川島 正行 (船橋)
2012 16着 ナイキマドリード 牡6/57.0kg 戸崎 圭太 川島 正行 (船橋)
2015 11着 ハッピースプリント 牡4/57.0kg 吉原 寛人 森下 淳平 (大井)
16着 サトノタイガー 牡7/57.0kg 三浦 皇成 小久保 智 (浦和)
成績 馬名 性齢/斤量 騎手 管理調教師

その他のコンテンツ


© おうまのアイコン wire-to-wire All rights reserved.   お問い合わせ

inserted by FC2 system