▲TOPに戻る


JBCクラシック
JBC Classic
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考

持ち回り開催、GI の全国指定交流競走として創設

第1回
2001/10/31
大井
ダ2000m
画像 レギュラーメンバー
Regular Member (JPN)
牡4/57.0kg
2:05.2 (稍)
松永 幹夫
山本 正司 (栗東)
-
第2回
2002/11/04
盛岡
ダ2000m
画像 アドマイヤドン
Admire Don (JPN)
牡3/55.0kg
2:05.6 (良)
藤田 伸二
松田 博資 (栗東)
新馬戦以来、久々のダートで見事に復活
第3回
2003/11/03
大井
ダ2000m
画像 アドマイヤドン
Admire Don (JPN)
牡4/57.0kg
2:04.3 (良)
安藤 勝己
松田 博資 (栗東)
-
第4回
2004/11/03
大井
ダ2000m
画像 アドマイヤドン
Admire Don (JPN)
牡5/57.0kg
2:02.4 (稍)
安藤 勝己
松田 博資 (栗東)
同レース3連覇達成
第5回
2005/11/03
名古屋
ダ1900m
画像 タイムパラドックス
Time Paradox (JPN)
牡7/57.0kg
2:00.9 (良)
武 豊
松田 博資 (栗東)
ナイキアディライトが枠入りを拒み発走が大幅に遅延、
地上波中継がレース途中で終了してしまう事態に
第6回
2006/11/03
川崎
ダ2100m
画像 タイムパラドックス
Time Paradox (JPN)
牡8/57.0kg
2:16.1 (良)
岩田 康誠
松田 博資 (栗東)
松田博資厩舎、同レース5連覇
シーキングザダイヤはGIで通算8度目の2着

翌2007年から、格付けを JpnI に変更

第7回
2007/10/31
大井
ダ2000m
画像 ヴァーミリアン
Vermilion (JPN)
牡5/57.0kg
2:04.8 (良)
武 豊
石坂 正 (栗東)
ドバイワールドC以来の休み明け、南関東全4場での重賞制覇達成
ブルーコンコルドは4角で接触、4着敗退
第8回
2008/11/03
園田
ダ1870m
画像 ヴァーミリアン
Vermilion (JPN)
牡6/57.0kg
1:56.7 (良)
武 豊
石坂 正 (栗東)
またもドバイワールドC惨敗以来の休み明けで連覇
サクセスブロッケンは2着惜敗、フリオーソは4着
第9回
2009/11/03
名古屋
ダ1900m
画像 ヴァーミリアン
Vermilion (JPN)
牡7/57.0kg
2:00.2 (良)
武 豊
石坂 正 (栗東)
同レース3連覇、国内史上初の「GI (JpnI) 8勝」達成
第10回
2010/11/03
船橋
ダ1800m
画像 スマートファルコン
Smart Falcon (JPN)
牡5/57.0kg
1:49.9 (良)
武 豊
小崎 憲 (栗東)
2着フリオーソに7馬身差をつけて逃げ切り勝ち
第11回
2011/11/03
大井
ダ2000m
画像 スマートファルコン
Smart Falcon (JPN)
牡6/57.0kg
2:02.1 (良)
武 豊
小崎 憲 (栗東)
迫るトランセンドを振り切り7連勝、武騎手は同レース5連覇
地方勢は消極的な騎乗で大差惨敗、3連単250円の鉄板決着
第12回
2012/11/05
川崎
ダ2100m
画像 ワンダーアキュート
Wonder Acute (JPN)
牡6/57.0kg
2:12.5 (良)
和田 竜二
佐藤 正雄 (栗東)
佐藤厩舎と*カリズマティック産駒のGI(JpnI)初制覇
ドバイワールドC以来、7ヶ月ぶりに復帰のトランセンドは3着
第13回
2013/11/04
金沢
ダ2100m
画像 ホッコータルマエ
Hokko Tarumae (JPN)
牡4/57.0kg
2:12.6 (不)
幸 英明
西浦 勝一 (栗東)
レコード勝ち
第14回
2014/11/03
盛岡
ダ2000m
画像 コパノリッキー
Copano Rickey (JPN)
牡4/57.0kg
2:00.8 (重)
田辺 裕信
村山 明 (栗東)
レコード勝ち
第15回
2015/11/03
大井
ダ2000m
画像 コパノリッキー
Copano Rickey (JPN)
牡5/57.0kg
2:04.4 (不)
武 豊
村山 明 (栗東)
1番人気ホッコータルマエは3着
第16回
2016/11/03
川崎
ダ2100m
画像 *アウォーディー
Awardee (USA)
牡6/57.0kg
2:15.3 (重)
武 豊
松永 幹夫 (栗東)
1番人気コパノリッキーは5着、同レース3連覇ならず
第17回
2017/11/03
大井
ダ2000m
画像 -
- (-)
--/--.-kg
-:--.- (-)
-
- (-)
-
第18回
2018/11/--
京都
ダ----m
画像 -
- (-)
--/--.-kg
-:--.- (-)
-
- (-)
レース史上初のJRA開催
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考
この記事を共有する

補注

* 印は本邦輸入馬を表しています。

馬齢・タイムの表記は現在の基準に合わせています。

競走馬・騎手・調教師が登録名変更を行った場合は、
本競走に出走した時点での姓名を記載しています。

使用されている馬アイコンについて

個人サイト・ブログ・各種SNSなど
非営利目的の使用に限り、フリー素材として提供しています。

画像の改編、二次配布、画像への直リンク等はご遠慮下さい。

商用でのご利用時は別途連絡下さいますようお願い致します。

"JBC" とは?

"Japan Breeding farms' Cup" の略。

複数の路線別GIを1日で開催する、
アメリカの「ブリーダーズカップ」(以下BC) を範として創設されましたが、
「ジャパンブリーダーズカップ」の仮称に対してBC側が難色を示したため、
現在のレース名称が採用されることとなりました。

なお、1日に複数のGIを開催したのはJBCスプリントとJBCクラシックが日本初でした。

2011年にはJBC創設当初より計画されていた牝馬限定戦、
"JBCレディスクラシック" が満を持して新設され、全3カテゴリーでの開催となります。

その他のコンテンツ


© おうまのアイコン wire-to-wire All rights reserved.   お問い合わせ

inserted by FC2 system