▲TOPに戻る


秋華賞
Shuka Sho
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考

エリザベス女王杯の古馬開放に伴い、
3歳(旧表記で4歳)牝馬限定の GI として新設

第1回
1996/10/20
京都
芝2000m
画像 *ファビラスラフイン
Fabulous la Fouine (FR)
牝3/55.0kg
1:58.1 (良)
松永 幹夫
長浜 博之 (栗東)
NHKマイルカップ以来、約5ヶ月ぶりでの勝利
1番人気 エアグルーヴはレース中に骨折し10着
第2回
1997/10/19
京都
芝2000m
画像 メジロドーベル
Mejiro Dober (JPN)
牝3/55.0kg
2:00.1 (良)
吉田 豊
大久保 洋吉 (美浦)
2強対決、キョウエイマーチを差し切って完勝
第3回
1998/10/25
京都
芝2000m
画像 ファレノプシス
Phalaenopsis (JPN)
牝3/55.0kg
2:02.4 (良)
武 豊
浜田 光正 (栗東)
14番人気のナリタルナパークが2着に食い込む
第4回
1999/10/24
京都
芝2000m
画像 ブゼンキャンドル
Buzen Candle (JPN)
牝3/55.0kg
1:59.3 (良)
安田 康彦
松田 博資 (栗東)
12番人気の伏兵が差し切り、馬連946.3倍の大波乱
安田康彦騎手、デビュー9年目でGI初制覇
第5回
2000/10/15
京都
芝2000m
画像 ティコティコタック
Tico Tico Tac (JPN)
牝3/55.0kg
1:59.9 (良)
武 幸四郎
松田 正弘 (栗東)
-20kgの大幅な馬体減ながら、10番人気の伏兵が勝利
武幸四郎騎手、デビュー4年目で GI初制覇
第6回
2001/10/14
京都
芝2000m
画像 テイエムオーシャン
T. M. Ocean (JPN)
牝3/55.0kg
1:58.5 (良)
本田 優
西浦 勝一 (栗東)
オークス以来、約5ヶ月ぶりでの勝利
第7回
2002/10/13
京都
芝2000m
画像 *ファインモーション
Fine Motion (IRE)
牝3/55.0kg
1:58.1 (良)
武 豊
伊藤 雄二 (栗東)
単勝1.1倍の圧倒的人気に応え、デビューから5連勝でGI制覇
第8回
2003/10/19
京都
芝2000m
画像 スティルインラブ
Still in Love (JPN)
牝3/55.0kg
1:59.1 (良)
幸 英明
松元 省一 (栗東)
メジロラモーヌに続き、史上2頭目の「牝馬三冠」達成
第9回
2004/10/17
京都
芝2000m
画像 スイープトウショウ
Sweep Tosho (JPN)
牝3/55.0kg
1:58.4 (良)
池添 謙一
鶴留 明雄 (栗東)
得意の京都コース(当時4戦4勝)で快勝
第10回
2005/10/16
京都
芝2000m
画像 エアメサイア
Air Messiah (JPN)
牝3/55.0kg
1:59.2 (良)
武 豊
伊藤 雄二 (栗東)
1998年の同レース3着馬、エアデジャヴーの娘が
ゴール直前でラインクラフトを差し切る
第11回
2006/10/15
京都
芝2000m
画像 カワカミプリンセス
Kawakami Princess (JPN)
牝3/55.0kg
1:58.2 (良)
本田 優
西浦 勝一 (栗東)
デビューから5戦無敗で牝馬二冠
オークス以来、約5ヶ月ぶりでの勝利
第12回
2007/10/14
京都
芝2000m
画像 ダイワスカーレット
Daiwa Scarlet (JPN)
牝3/55.0kg
1:59.1 (良)
安藤 勝己
松田 国英 (栗東)
3ヵ月半の休み明けで臨んだ日本ダービー馬 ウオッカは3着
第13回
2008/10/19
京都
芝2000m
画像 ブラックエンブレム
Black Emblem (JPN)
牝3/55.0kg
1:58.4 (良)
岩田 康誠
小島 茂之 (美浦)
小島厩舎が1,3着独占、*ウォーエンブレム産駒のGI初制覇
春の実績馬は総崩れとなり、3連単109820.2倍の大波乱
第14回
2009/10/18
京都
芝2000m
画像 レッドディザイア
Red Desire (JPN)
牝3/55.0kg
1:58.2 (良)
四位 洋文
松永 幹夫 (栗東)
この年から国際競走 / 松永幹夫厩舎、東京レースホースがGI初制覇
ブエナビスタはハナ差届かず三冠を逃した上、3着に降着
第15回
2010/10/17
京都
芝2000m
画像 アパパネ
Apapane (JPN)
牝3/55.0kg
1:58.4 (良)
蛯名 正義
国枝 栄 (美浦)
史上3頭目の「牝馬三冠」達成
サンテミリオンは出遅れ18着惨敗、オークス馬2頭で明暗分かれる
第16回
2011/10/16
京都
芝2000m
画像 アヴェンチュラ
Aventura (JPN)
牝3/55.0kg
1:58.2 (稍)
岩田 康誠
角居 勝彦 (栗東)
1番人気ホエールキャプチャは届かず3着
第17回
2012/10/14
京都
芝2000m
画像 ジェンティルドンナ
Gentildonna (JPN)
牝3/55.0kg
2:00.4 (良)
岩田 康誠
石坂 正 (栗東)
粘り込むチェリーメドゥーサを捕らえ、史上4頭目の「牝馬三冠」達成
ハナ差で惜敗のヴィルシーナ、桜花賞オークスに続いて三冠オール2着
第18回
2013/10/13
京都
芝2000m
画像 メイショウマンボ
Meisho Mambo (JPN)
牝3/55.0kg
1:58.6 (良)
武 幸四郎
飯田 明弘 (栗東)
2着スマートレイアー(武豊)、兄弟騎手ワン・ツー
第19回
2014/10/19
京都
芝2000m
画像 ショウナンパンドラ
Shonan Pandora (JPN)
牝3/55.0kg
1:57.0 (良)
浜中 俊
高野 友和 (栗東)
レコードに0.2秒差の好時計、高野厩舎は開業4年目で重賞初制覇
単勝1.5倍のヌーヴォレコルトは捕らえきれず2着
第20回
2015/10/18
京都
芝2000m
画像 ミッキークイーン
Mikki Queen (JPN)
牝3/55.0kg
1:56.9 (良)
浜中 俊
池江 泰寿 (栗東)
-
第21回
2016/10/16
京都
芝2000m
画像 ヴィブロス
Vivlos (JPN)
牝3/55.0kg
1:58.6 (良)
福永 祐一
友道 康夫 (栗東)
-
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考
この記事を共有する

補注

* 印は本邦輸入馬を表しています。

馬齢・タイムの表記は現在の基準に合わせています。

競走馬・騎手・調教師が登録名変更を行った場合は、
本競走に出走した時点での姓名を記載しています。

使用されている馬アイコンについて

個人サイト・ブログ・各種SNSなど
非営利目的の使用に限り、フリー素材として提供しています。

画像の改編、二次配布、画像への直リンク等はご遠慮下さい。

商用でのご利用時は別途連絡下さいますようお願い致します。

「牝馬三冠」とは?

1桜花賞阪神1600m
2オークス(優駿牝馬)東京2400m
3秋華賞京都2000m

1995年まではエリザベス女王杯が第3戦。

三冠達成馬は メジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナ の4頭。

なお、ジェンティルドンナは達成後さらにジャパンカップでも優勝しています。

その他のコンテンツ


© おうまのアイコン wire-to-wire All rights reserved.   お問い合わせ

inserted by FC2 system