ラジオNIKKEI杯2歳ステークス
Radio NIKKEI Hai Nisai Stakes
JRA主要競走 / 地方主要競走 / 海外主要競走 / 馬アイコン / 地方騎手名鑑 / 海外騎手名鑑 / Home
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考
第1回
1984/12/09
阪神
芝1600m
画像 ニホンピロビッキー
Nihon Pillow Vicky (JPN)
牝2/53.0kg
1:35.9 (良)
河内 洋
田中 耕太郎 (栗東)
2歳(旧表記で3歳)牝馬限定の GIII
"ラジオたんぱ杯3歳牝馬S" として創設
第2回
1985/12/08
阪神
芝1600m
画像 ダイナカンパリー
Dyna Campari (JPN)
牝2/53.0kg
1:37.1 (重)
樋口 弘
浜田 光正 (栗東)
-
第3回
1986/12/07
阪神
芝1600m
画像 ドウカンジョー
Dokan Jo (JPN)
牝2/53.0kg
1:35.5 (良)
田島 信行
池江 泰郎 (栗東)
翌年の二冠牝馬 マックスビューティは2着
第4回
1987/12/13
阪神
芝1600m
画像 プリンセススキー
Princess Ski (JPN)
牝2/53.0kg
1:36.6 (良)
田島 良保
田中 耕太郎 (栗東)
単勝46.0倍、10番人気の伏兵が勝利
第5回
1988/12/11
阪神
芝1600m
画像 タニノターゲット
Tanino Target (JPN)
牝2/53.0kg
1:36.1 (良)
小島 貞博
戸山 為夫 (栗東)
タニノフェバリット産駒、唯一の重賞制覇
翌年の桜花賞馬シャダイカグラは、逃げ切りを許して2着
第6回
1989/12/10
阪神
芝1600m
画像 レガシーワイス
Legacy Wice (JPN)
牝2/53.0kg
1:35.8 (良)
武 豊
坂口 正大 (栗東)
イクノディクタス 3着、エイシンサニー 5着
第7回
1990/12/22
京都
芝1600m
画像 イソノルーブル
Isono Roubles (JPN)
牝2/53.0kg
1:35.0 (良)
五十嵐 忠男
清水 久雄 (栗東)
翌年のオークス勝ち馬
翌1991年から、2歳(旧表記で3歳)牡馬・セン馬の限定戦に変更し、
レース名も "ラジオたんぱ杯3歳ステークス" に改称
第8回
1991/12/21
阪神
芝2000m
画像 ノーザンコンダクト
Northern Conduct (JPN)
牡2/54.0kg
2:05.9 (良)
藤田 伸二
伊藤 修司 (栗東)
藤田伸二騎手、デビュー1年目で重賞初制覇
第9回
1992/12/26
阪神
芝2000m
画像 ナリタタイシン
Narita Taishin (JPN)
牡2/54.0kg
2:05.8 (良)
清水 英次
大久保 正陽 (栗東)
翌年の皐月賞勝ち馬
半姉ユーセイフェアリー(阪神牝馬特別)に続き、2週連続重賞制覇
第10回
1993/12/25
阪神
芝2000m
画像 ナムラコクオー
Namura Kokuo (JPN)
牡2/54.0kg
2:05.7 (良)
上村 洋行
野村 彰彦 (栗東)
-
第11回
1994/12/24
阪神
芝2000m
画像 タヤスツヨシ
Tayasu Tsuyoshi (JPN)
牡2/54.0kg
2:03.4 (良)
小島 貞博
鶴留 明雄 (栗東)
翌年の日本ダービー勝ち馬
第12回
1995/12/23
阪神
芝2000m
画像 ロイヤルタッチ
Royal Touch (JPN)
牡2/54.0kg
2:02.7 (良)
O. ペリエ
伊藤 雄二 (栗東)
イシノサンデー 2着、ダンスインザダーク 3着
*タイキフォーチュン 11着
第13回
1996/12/21
阪神
芝2000m
画像 メジロブライト
Mejiro Bright (JPN)
牡2/54.0kg
2:03.1 (良)
松永 幹夫
浅見 国一 (栗東)
のちの天皇賞(春)勝ち馬
第14回
1997/12/20
阪神
芝2000m
画像 *ロードアックス
Lord Ax (USA)
牡2/54.0kg
2:03.8 (良)
岡部 幸雄
藤沢 和雄 (美浦)
1番人気キングヘイローは直線で不利を受け、2着
第15回
1998/12/26
阪神
芝2000m
画像 アドマイヤベガ
Admire Vega (JPN)
牡2/54.0kg
2:04.1 (良)
武 豊
橋田 満 (栗東)
翌年の日本ダービー勝ち馬
第16回
1999/12/25
阪神
芝2000m
画像 ラガーレグルス
Rugger Regulus (JPN)
牡2/54.0kg
2:03.7 (良)
佐藤 哲三
大久保 正陽 (栗東)
-
第17回
2000/12/23
阪神
芝2000m
画像 アグネスタキオン
Agnes Tachyon (JPN)
牡2/54.0kg
2:00.8 (良)
河内 洋
長浜 博之 (栗東)
この年から、2歳牝馬も出走可能に変更
翌年の皐月賞馬、2歳レコードでジャングルポケットと*クロフネを破る
第18回
2001/12/22
阪神
芝2000m
画像 メガスターダム
Mega Stardom (JPN)
牡2/55.0kg
2:03.4 (良)
渡辺 薫彦
山本 正司 (栗東)
馬齢表記の基準変更に伴い、"ラジオたんぱ杯2歳S" に改称
アドマイヤマックス 3着
第19回
2002/12/21
阪神
芝2000m
画像 ザッツザプレンティ
Thats the Plenty (JPN)
牡2/55.0kg
2:04.5 (不)
河内 洋
橋口 弘次郎 (栗東)
翌年の菊花賞勝ち馬
1番人気ブルーイレヴンは7着大敗
第20回
2003/12/27
阪神
芝2000m
画像 コスモバルク
Cosmo Bulk (JPN)
牡2/55.0kg
2:01.6 (良)
五十嵐 冬樹
田部 和則 (北海道)
道営・ホッカイドウ競馬の所属馬が快勝
*ザグレブ産駒、中央・地方通じての重賞初制覇
第21回
2004/12/25
阪神
芝2000m
画像 ヴァーミリアン
Vermilion (JPN)
牡2/55.0kg
2:03.5 (良)
武 豊
石坂 正 (栗東)
のちのダートGI (JpnI) 9勝馬
芝ではこれが生涯唯一の重賞制覇
第22回
2005/12/24
阪神
芝2000m
画像 サクラメガワンダー
Sakura Mega Wonder (JPN)
牡2/55.0kg
2:01.9 (良)
安藤 勝己
友道 康夫 (栗東)
アドマイヤムーン 2着
2006年から、レース名を "ラジオNIKKEI杯2歳S" に改称
第23回
2006/12/23
阪神
芝2000m
画像 フサイチホウオー
Fusaichi Ho O (JPN)
牡2/55.0kg
2:02.1 (良)
安藤 勝己
松田 国英 (栗東)
直線内に斜行して審議の対象馬となるも、到達順位通り確定
ヴィクトリー 2着、アサクサキングスは前述の不利もあり5着
第24回
2007/12/22
阪神
芝2000m
画像 サブジェクト
Subject (JPN)
牡2/55.0kg
2:07.0 (重)
O. ペリエ
池江 泰郎 (栗東)
-
第25回
2008/12/27
阪神
芝2000m
画像 ロジユニヴァース
Logi Universe (JPN)
牡2/55.0kg
2:01.7 (良)
横山 典弘
萩原 清 (美浦)
翌年の日本ダービー勝ち馬
第26回
2009/12/26
阪神
芝2000m
画像 ヴィクトワールピサ
Victoire Pisa (JPN)
牡2/55.0kg
2:01.3 (良)
武 豊
角居 勝彦 (栗東)
翌年の皐月賞有馬記念勝ち馬
ダノンシャンティ 3着、ヒルノダムール 4着
第27回
2010/12/25
阪神
芝2000m
画像 ダノンバラード
Danon Ballade (JPN)
牡2/55.0kg
2:02.2 (良)
武 豊
池江 泰郎 (栗東)
この年から、国際競走として開催
ディープインパクト産駒、中央・地方通じての重賞初制覇
第28回
2011/12/24
阪神
芝2000m
画像 アダムスピーク
Adam's Peak (JPN)
牡2/55.0kg
2:02.4 (良)
C. ルメール
石坂 正 (栗東)
ゴールドシップ 2着、ハタノヴァンクール15着
第29回
2012/12/22
阪神
芝2000m
画像 エピファネイア
Epiphaneia (JPN)
牡2/55.0kg
2:05.4 (稍)
福永 祐一
角居 勝彦 (栗東)
母シーザリオ、翌年の菊花賞勝ち馬
キズナ 3着
第30回
2013/12/21
阪神
芝2000m
画像 ワンアンドオンリー
One and Only (JPN)
牡2/55.0kg
2:04.3 (稍)
C. ルメール
橋口 弘次郎 (栗東)
翌年の日本ダービー勝ち馬
翌2014年から、中山開催に移行
GII の "ホープフルステークス" としてリニューアル
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考
この記事を共有する

補注
 * 印は本邦輸入馬を表しています。

 2000年以前の馬齢および、1959年9月以前の走破タイムは
 現在の基準での表記に合わせています。

 競走馬・騎手・調教師が登録名の変更を行った場合は、
 特に注釈が無い限り、本競走に出走した時点の姓名を記載しています。

使用されている馬アイコンについて
 個人サイト・ブログ・各種コミュニティサイトなど、
 非営利目的での使用に限り、フリー素材として提供しています。
 画像の改編、二次配布、画像ファイルへの直リンクなどはご遠慮ください。
 商用でのご利用の際は別途ご連絡下さいますようお願いいたします。

 (C) "おうまのアイコン wire-to-wire" All Rights Reserved. Since 31 Jan 1998

JRA主要競走 / 地方主要競走 / 海外主要競走 / 馬アイコン / 地方騎手名鑑 / 海外騎手名鑑 / Home

inserted by FC2 system