▲TOPに戻る


WFA Classic
ウェイトフォーエイジクラシック
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考
第1回
1986/04/16
オタキ
芝1400m
画像 ピート
Peat (NZ)
牝6/56.5kg
1:21.30(Gd)
G. デーヴィソン
. (-)
"テラス・リージェンシーホテルWFA" として創設
(OMRC Terrace Regency Hotel WFA)
第2回
1987/04/15
オタキ
芝1400m
画像 ソサイエティーベイ
Society Bay (NZ)
牝4/53.5kg
1:22.80(Dd)
D. ウォルシュ
. (-)
-
第3回
1988/04/20
オタキ
芝1400m
画像 ポエティックプリンス
Poetic Prince (AUS)
牡4/54.5kg
1:20.30(Gd)
N. ハリス
J. ウィーラー(NZ)
-
第4回
1989/04/19
オタキ
芝1400m
画像 ポエティックプリンス
Poetic Prince (AUS)
牡5/57.0kg
1:23.70(Dd)
N. ハリス
J. ウィーラー(NZ)
この年から、GIII に格付け
第5回
1990/04/04
オタキ
芝1400m
画像 ウエストミンスター
Westminster (NZ)
牡6/57.5kg
1:20.70(Gd)
G. クックスリー
. (-)
この年から、GII に昇格(~1991年)
第6回
1991/04/17
オタキ
芝1400m
画像 ラフハビット
Rough Habit (NZ)
セ5/57.0kg
1:27.09(Sl)
R. エリオット
J. ウィーラー(NZ)
同年のジャパンカップで5着
第7回
1992/04/08
オタキ
芝1400m
画像 ジャヴリン
Javelin (NZ)
セ5/57.0kg
1:21.55(Gd)
L. オサリヴァン
P. オサリヴァン(NZ)
この年から、GI に昇格
第8回
1993/02/28
オタキ
芝1400m
画像 ジャヴリン
Javelin (NZ)
セ6/57.5kg
1:22.22(Gd)
L. オサリヴァン
P. オサリヴァン(NZ)
-
第9回
1994/02/27
オタキ
芝1400m
画像 ロードトライダン
Lord Tridan (NZ)
セ7/57.5kg
1:21.27(Gd)
D. ウォルシュ
. (-)
Javelin 2着、同レース3連覇ならず
第10回
1995/02/22
オタキ
芝1400m
画像 アレグロ
Allegro (NZ)
セ4/53.0kg
1:25.72(Sl)
G. グリルズ
. (-)
-
第11回
1996/02/24
オタキ
芝1400m
画像 ディアブロガール
Diablo Girl (NZ)
牝6/56.0kg
1:20.72(Gd)
B. コンプトン
. (-)
-
第12回
1997/02/22
オタキ
芝1400m
画像 イッツマイシン
It's My Sin (AUS)
牝4/51.5kg
1:21.22(Gd)
T. ブレット
. (-)
-
第13回
1998/02/19
オタキ
芝1400m
画像 センタークレスト
Centre Crest (NZ)
セ6/57.5kg
1:20.19(Gd)
C. Treymane
. (-)
レース名を "オートオークションズWFA" に改称
(OMRC Auto Auctions WFA)
第14回
1999/02/25
オタキ
芝1400m
画像 ヒーロー
Hero (NZ)
セ6/57.5kg
1:20.47(Gd)
B. Hibberd
. (-)
-
第15回
2000/02/24
オタキ
芝1400m
画像 サーフィス
Surface (NZ)
セ6/57.5kg
1:20.33(Gd)
N. ハリス
N. Eales(NZ)
-
第16回
2001/02/21
トレンサム
芝1400m
画像 スターサタイアー
Star Satire (NZ)
牝4/51.5kg
1:21.44(Gd)
M. デュ・プレシス
R. テイラー(NZ)
-
第17回
2002/02/21
トレンサム
芝1400m
画像 ノーミーンシティー
No Mean City (NZ)
セ7/57.5kg
1:21.82(Gd)
D. ブラウン
J. キアーナン(NZ)
-
第18回
2003/02/20
オタキ
芝1400m
画像 クリティック
Critic (NZ)
牝5/55.5kg
1:21.86(Gd)
L. オサリヴァン
C.ジリングス & R.ユイル(NZ)
レース名を "ファミリーホテルWFA" に改称
(OMRC Family Hotel WFA)
第19回
2004/02/19
オタキ
芝1400m
画像 キングスチャペル
King's Chapel (AUS)
牡4/53.0kg
1:20.32(Gd)
R. マクラウド
マーク・ウォーカー(NZ)
-
第20回
2005/02/26
オタキ
芝1400m
画像 ズヴェズダ
Zvezda (NZ)
セ7/57.5kg
1:24.47(Sl)
B. ハード
K. レーン(NZ)
-
第21回
2006/02/25
オタキ
芝1600m
画像 ダルシブラーマ
Darci Brahma (NZ)
牡4/52.5kg
1:33.67(Gd)
マイケル・ウォーカー
マーク・ウォーカー(NZ)
レース名を "オタキ・マオリWFA" に改称
第22回
2007/02/24
オタキ
芝1600m
画像 サースリック
Sir Slick (NZ)
セ6/59.0kg
1:34.97(Dd)
B. ハード
G.ニコルソン & P.オールボン(NZ)
-
第23回
2008/02/22
オタキ
芝1600m
画像 アラモーサ
Alamosa (NZ)
牡4/55.0kg
1:32.69(Gd)
マイケル・ウォーカー
P. マッケイ(NZ)
-
第24回
2009/02/20
オタキ
芝1600m
画像 カルミネイト
Culminate (NZ)
牝6/57.0kg
1:37.46(Hy)
サマンサ・スプラット
S. マッキー(NZ)
-
第25回
2010/02/28
オタキ
芝1600m
画像 ムファサ
Mufhasa (NZ)
セ6/59.0kg
1:32.89(Gd)
サマンサ・スプラット
S. マッキー(NZ)
*シンコウキング産駒 All In Tempo は5着
第26回
2011/02/26
オタキ
芝1600m
画像 キープザピース
Keep The Peace (NZ)
牝5/57.0kg
1:33.51(Gd)
J. マクドナルド
S. リッチー(NZ)
"ハウヌイファームグループ1・WFAクラシック" に改称
*シンコウキング産駒 Barinka は5着
第27回
2012/02/25
オタキ
芝1600m
画像 ヴェイロン
Veyron (NZ)
セ7/59.0kg
1:34.03(Dd)
マーク・ヒルズ
L. レイング(NZ)
種牡馬入り後、生殖能力に問題があったため
2年ぶりに現役復帰となった Eagle Mountain は9着
第28回
2013/02/23
オタキ
芝1600m
画像 ナッシュヴィル
Nashville (NZ)
セ5/59.0kg
1:34.07(Gd)
K. マイヤーズ
A. ブル(NZ)
Veyron 2着、Better Than Ever 3着
1番人気のコックスプレート勝ち馬 Ocean Peak は4着
第29回
2014/02/22
オタキ
芝1600m
画像 ナッシュヴィル
Nashville (NZ)
セ6/59.0kg
1:35.68(Gd)
J. リデル
A. & H. ブル(NZ)
-
第30回
2015/02/21
オタキ
芝1600m
画像 アイアムイシワラ
Iamishwara (NZ)
セ6/59.0kg
1:35.68(Dd)
R. Hannam
A. ケイ(NZ)
アントニー・ケイ厩舎、G1初制覇
第31回
2016/02/27
オタキ
芝1600m
画像 ヴォークストックンバレル
Volkstok'n'barrell (NZ)
セ5/59.0kg
1:36.12(Gd)
V. コルガン
D.ローガン & C.ギブズ(NZ)
Tommy Tucker 10着(母父*ヤマニンバイタル)
第32回
2017/02/25
オタキ
芝1600m
画像 カーウィ
Kawi (NZ)
セ7/59.0kg
1:34.60(Gd)
J. ワデル
A. シャーロック(NZ)
-
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考
この記事を共有する

補注

* 印は本邦輸入馬を表しています。

南半球産馬の馬齢表記は日本での基準に合わせています。
(7月1日または8月1日と、各国ごとに異なる加齢基準日が採用されています)

負担重量は全てキログラムに換算しています。

馬場状態の略号はこちらでご確認下さい。

使用されている馬アイコンについて

個人サイト・ブログ・各種SNSなど
非営利目的の使用に限り、フリー素材として提供しています。

画像の改編、二次配布、画像への直リンク等はご遠慮下さい。

商用でのご利用時は別途連絡下さいますようお願い致します。

その他のコンテンツ


© おうまのアイコン wire-to-wire All rights reserved.   お問い合わせ

inserted by FC2 system