▲TOPに戻る


Pegasus World Cup
ペガサスワールドカップ
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考

世界最高の総賞金額1200万ドル、優勝賞金700万ドルを誇る GI として新設
(格付けはドンHから引き継ぐ)

第1回
2017/01/28
ガルフストリームパーク
ダート9F
画像 アロゲート
Arrogate (USA)
牡4/56.2kg
1:46.83(Fs)
M. スミス
B. バファート(USA) 
トラックレコード勝ち
引退レースの California Chromeは9着に沈む
第2回
2018/01/27
ガルフストリームパーク
ダート9F
画像 -
- (-)
--/--.-kg
-:--.--(-)
.
. (-)
-
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考
この記事を共有する

補注

* 印は本邦輸入馬を表しています。

南半球産馬の馬齢表記は日本での基準に合わせています。
(7月1日または8月1日と、各国ごとに異なる加齢基準日が採用されています)

負担重量は全てキログラムに換算しています。

馬場状態の略号はこちらでご確認下さい。

使用されている馬アイコンについて

個人サイト・ブログ・各種SNSなど
非営利目的の使用に限り、フリー素材として提供しています。

画像の改編、二次配布、画像への直リンク等はご遠慮下さい。

商用でのご利用時は別途連絡下さいますようお願い致します。

このレースの出走権について

ガルフストリームパークを運営するストロナックグループが、
2016年に発表したペガサスワールドカップの新設。

総工費3000万ドル・高さ100フィート(約30m)を誇る同競馬場の新名物、
"Pegasus and Dragon" statue から名を取ったこのレースは、
世界最高額を掲げた1着賞金だけでなく、様々なルールを盛り込んだものとなりました。

まず出走枠を購入するためには100万ドルを支払わなければならず、
これが12頭分集まることで1200万ドルの総賞金に充てられるのですが、
出走枠を得た馬主には、馬券販売による利益や放映権料・スポンサー料が
配当として受けられるなど、複数の「特典」も与えられることになります。

登録馬の共有や他馬主へのリース、出走枠そのものを売却することも可能で、
主催者の目論見通り、12の出走枠すべてが早々に完売したことから、
BCクラシック勝ち馬 Arrogateのジャドモントファームは
クールモアグループから出走枠を購入しなければなりませんでした。

これらの特色に加えて、アメリカ国外からの参戦を促すためか、
ラシックス不使用馬には5ポンド(約2.3kg)の減量措置が受けられることも
併せて発表されています。

その他のコンテンツ


© おうまのアイコン wire-to-wire All rights reserved.   お問い合わせ

inserted by FC2 system