▲TOPに戻る


ATC Sydney Cup
シドニーカップ
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考

1862年、"ジョッキークラブハンディキャップ" として創設

第108回
1973/--/--
ランドウィック
芝3200m
画像 アポロイレヴン
Apollo Eleven (AUS)
--/54.5kg
3:19.00(-)
B.J. アンドリュース
. (-)
このシーズンから、メートル法を採用
第109回
1974/--/--
ランドウィック
芝3200m
画像 バトルハイツ
Battle Heights (NZ)
--/58.5kg
3:37.10(-)
G. ウィレッツ
. (-)
-
第110回
1975/--/--
ランドウィック
芝3200m
画像 ゲイマスター
Gay Master (NZ)
--/51.0kg
3:22.60(-)
A. Trevena
. (-)
-
第111回
1976/--/--
ランドウィック
芝3200m
画像 ウーピク
Oopik (NZ)
--/57.5kg
3:23.60(-)
R.J. ラング
. (-)
-
第112回
1977/--/--
ランドウィック
芝3200m
画像 レックレス
Reckless (AUS)
--/49.5kg
3:19.40(-)
P. トロッター
. (-)
-
第113回
1978/--/--
ランドウィック
芝3200m
画像 マイグッドマン
My Good Man (NZ)
--/60.0kg
3:27.90(-)
D. ピーク
. (-)
-
第114回
1979/--/--
ランドウィック
芝3200m
画像 ダブルセンチュリー
Double Century (AUS)
--/50.0kg
3:20.80(-)
R. マリオン
. (-)
-
第115回
1980/04/12
ランドウィック
芝3200m
画像 キングストンタウン
Kingston Town (AUS)
セ4/52.5kg
3:28.20(-)
M. ジョンストン
T.J. スミス(AUS)
グループ制の導入に伴い、GI に格付け
第116回
1981/--/--
ランドウィック
芝3200m
画像 アワパディーボーイ
Our Paddy Boy (NZ)
牡4/51.5kg
3:21.70(-)
R. マリオン
. (-)
-
第117回
1982/--/--
ランドウィック
芝3200m
画像 -
Azawary (NZ)
セ6/51.0kg
3:22.80(-)
N. タイリー
. (-)
-
第118回
1983/04/16
ランドウィック
芝3200m
画像 -
Veloso (NZ)
牡4/51.0kg
3:23.40(-)
P. クック
L.D. Pickering(-)
-
第119回
1984/04/28
ランドウィック
芝3200m
画像 -
Trissaro (NZ)
セ6/56.5kg
3:22.40(-)
J. マーシャル
J.B. カミングス(AUS)
-
第120回
1985/04/13
ランドウィック
芝3200m
画像 レイトショウ
Late Show (AUS)
セ5/51.0kg
3:26.70(-)
N. キャンプトン
B. メイフィールド・スミス(AUS)
-
第121回
1986/04/05
ランドウィック
芝3200m
画像 マルーンド
Marooned (GB)
牡5/49.5kg
3:27.00(-)
ジム・キャシディ
B. メイフィールド・スミス(AUS)
-
第122回
1987/04/25
ランドウィック
芝3200m
画像 メジャードライヴ
Major Drive (NZ)
セ6/54.5kg
3:21.20(-)
G. ホール
J. Meagher(-)
-
第123回
1988/04/09
ランドウィック
芝3200m
画像 -
Banderol (NZ)
セ7/53.5kg
3:34.10(-)
P. クック
D. オサリヴァン(NZ)
-
第124回
1989/04/01
ランドウィック
芝3200m
画像 パレスリヴォルト
Palace Revolt (NZ)
牝5/48.5kg
3:38.10(-)
K. モーゼス
N.C. ベッグ(-)
-
第125回
1990/04/21
ランドウィック
芝3200m
画像 キングオージー
King Aussie (NZ)
セ6/53.0kg
3:36.60(-)
N.G. ハリス
J.F. Harris(-)
-
第126回
1991/04/06
ランドウィック
芝3200m
画像 ジャストアダンサー
Just A Dancer (NZ)
牡5/52.0kg
3:19.00(-)
G. クックスリー
G.A. ロジャーソン(-)
-
第127回
1992/04/25
ランドウィック
芝3200m
画像 マイイーグルアイ
My Eagle Eye (NZ)
セ5/52.5kg
3:23.80(-)
G. クックスリー
M.P. ベイカー(-)
-
第128回
1993/04/17
ランドウィック
芝3200m
画像 -
Azzaam (USA)
牡6/53.5kg
3:28.30(-)
L. ディットマン
D. ヘイズ(AUS)
-
第129回
1994/04/09
ランドウィック
芝3200m
画像 クロスソーズ
Cross Swords (USA)
セ7/55.5kg
3:28.80(-)
G. Eades
J. ホークス(AUS)
-
第130回
1995/04/22
ランドウィック
芝3200m
画像 ダーチャ
Daacha (NZ)
牡6/51.0kg
3:24.31(-)
B. プレブル
J.F. Meagher(-)
-
第131回
1996/04/13
ランドウィック
芝3200m
画像 カウントシーヴァス
Count Chivas (NZ)
セ5/55.5kg
3:26.36(-)
S. キング
S. Morrish(AUS)
-
第132回
1997/04/05
ランドウィック
芝3200m
画像 ラインズマン
Linesman (NZ)
セ6/51.5kg
3:20.59(Gd)
L. キャシディ
Ms G. ウォーターハウス(AUS)
Nothin' Leica Dane 2着、同じ厩舎でワンツー
Ebony Grosve 3着
第133回
1998/04/18
ランドウィック
芝3200m
画像 タイザノット
Tie The Knot (AUS)
セ4/50.5kg
3:25.78(Dd)
R.S. ダイ
G. ウォルター(AUS)
-
第134回
1999/04/10
ランドウィック
芝3200m
画像 タイザノット
Tie The Knot (AUS)
セ5/57.0kg
3:22.85(Dd)
R.S. ダイ
G. ウォルター(AUS)
-
第135回
2000/05/06
ランドウィック
芝3200m
画像 ストリーク
Streak (AUS)
セ6/53.5kg
3:30.36(Sf)
S. キング
R. スマードン(AUS)
Tie The Knot (60.0kg) 9着、3連覇ならず
第136回
2001/04/28
ランドウィック
芝3200m
画像 ミスタープルーデント
Mr. Prudent (AUS)
セ7/50.5kg
3:26.94(Gd)
C. ブラウン
V.A. トンプソン(AUS)
-
第137回
2002/04/13
ランドウィック
芝3200m
画像 ヘンダーソンベイ
Henderson Bay (NZ)
セ7/54.0kg
3:26.74(Gd)
D. マクレラン
N. マクバーニー(AUS)
Karasi (55.5kg) 18着
第138回
2003/05/03
ランドウィック
芝3200m
画像 オナーベイブ
Honor Babe (NZ)
牝5/53.0kg
3:30.53(Dd)
K. マカヴォイ
K. アレグザンダー(NZ)
-
第139回
2004/04/17
ランドウィック
芝3200m
画像 マカイビーディーヴァ
Makybe Diva (GB)
牝5/55.5kg
3:21.21(Gd)
G. ボス
D. ホール(AUS)
翌年に日本遠征、
エイプリルS 7着、天皇賞(春) 7着
第140回
2005/04/02
ランドウィック
芝3200m
画像 マートゥーム
Mahtoum (AUS)
セ6/52.5kg
3:27.69(Dd)
D. ビードマン
K. ムーア(AUS)
2着入線のPhilosophe 、3着に降着
第141回
2006/04/22
ランドウィック
芝3200m
画像 カウンティータイロン
County Tyrone (AUS)
セ8/55.5kg
3:22.69(Gd)
J. キャシディ
K. リース(AUS)
-
第142回
2007/04/14
ランドウィック
芝3200m
画像 ガリック
Gallic (NZ)
セ8/56.0kg
3:27.30(Dd)
S.W. アーノルド
G. ロジャーソン(AUS)
-
第143回
2008/05/03
ランドウィック
芝3200m
画像 ノーワインノーソング
No Wine No Song (AUS)
セ7/55.5kg
3:25.51(Dd)
D. オリヴァー
K. モーゼス(AUS)
-
第144回
2009/04/25
ランドウィック
芝3200m
画像 イスタカリーム
Ista Kareem (NZ)
セ9/52.0kg
3:27.42(Sl)
C. ウィリアムズ
C.W. リトル(AUS)
-
第145回
2010/04/24
ランドウィック
芝3200m
画像 ジェシカビール
Jessicabeel (NZ)
牝5/52.0kg
3:21.86(Dd)
C. ニューイット
J. オシェイ(AUS)
-
第146回
2011/04/23
ランドウィック
芝3200m
画像 スタンドトゥーゲイン
Stand To Gain (IRE)
セ5/53.5kg
3:29.14(Hy)
ロッド・クイン
C. ウォーラー(AUS)
*シンコウキング産駒 C'Est La Guerre は4着
第147回
2012/04/28
ランドウィック
芝3200m
画像 ニウォット
Niwot (AUS)
セ8/55.5kg
3:20.49(Gd)
D. ダン
M & W & J. ホークス(AUS)
*ヤマニンバイタル産駒 Anudjawun は5着
第148回
2013/04/27
ランドウィック
芝3200m
画像 -
Mourayan (IRE)
牡7/58.0kg
3:24.29(Gd)
H. ボウマン
R. ヒックモット(AUS)
-
第149回
2014/04/19
ランドウィック
芝3200m
画像 ジオファー
The Offer (IRE)
セ5/55.0kg
3:23.86(Dd)
T. ベリー
Ms G. ウォーターハウス(AUS)
*ヤマニンバイタル産駒 Who Shot Thebarmanは9着
第150回
2015/04/11
ランドウィック
芝3200m
画像 グランドマーシャル
Grand Marshal (GB)
セ5/52.0kg
3:24.70(Sl)
ジム・キャシディ
C. ウォーラー(AUS)
同じ厩舎の Who Shot Thebarman が直線抜け出すも、
ゴール前で首の上げ下げに持ち込み僅かに差し切る
第151回
2016/04/09
ランドウィック
芝3200m
画像 ギャラントゥ
Gallante (IRE)
セ5/51.5kg
3:24.53(Sf)
K. マカヴォイ
R. ヒックモット(AUS)
2年前のパリ大賞以来となる、豪州移籍後初勝利
*ヤマニンバイタル産駒 Who Shot Thebarman は4着
第152回
2017/04/08

1周目で Almoonqith(予後不良)と Who Shot Thebarman が落馬、
安全確保のため中断、競走不成立となる(1位入線 Polarisation)

第152回
2017/04/22
ランドウィック
芝3200m
画像 ポーラライゼーション
Polarisation (GB)
セ5/51.5kg
3:29.16(Hy)
C. ブラウン
C. アップルビー(GB/UAE)
再レースも制して、正真正銘のGI初制覇
Who Shot Thebarman は直線詰め寄るも2着
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考
この記事を共有する

補注

* 印は本邦輸入馬を表しています。

南半球産馬の馬齢表記は日本での基準に合わせています。
(7月1日または8月1日と、各国ごとに異なる加齢基準日が採用されています)

負担重量は全てキログラムに換算しています。

馬場状態の略号はこちらでご確認下さい。

使用されている馬アイコンについて

個人サイト・ブログ・各種SNSなど
非営利目的の使用に限り、フリー素材として提供しています。

画像の改編、二次配布、画像への直リンク等はご遠慮下さい。

商用でのご利用時は別途連絡下さいますようお願い致します。

その他のコンテンツ


© おうまのアイコン wire-to-wire All rights reserved.   お問い合わせ

inserted by FC2 system