▲TOPに戻る


オークス(優駿牝馬)
Yushun Himba (Japanese Oaks)
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考
第1回
1938/11/23
阪神(鳴尾)
芝2700m
画像 アステリモア
Asteri Mor (JPN)
牝3/57.0kg
2:57.4 (良)
保田 隆芳
尾形 景造 (東京)
鳴尾浜にあった 旧 阪神競馬場での秋開催、
"阪神優駿牝馬" として創設
第2回
1939/10/01
阪神(鳴尾)
芝2700m
画像 ホシホマレ
Hoshi Homare (JPN)
牝3/57.0kg
*2:55.6(良)
佐々木 猛
大久保 房松 (中山)
ヒサヨシが大差で1位入線するも、レース後に興奮剤成分が検出
検査方法に対する武田文吾氏の抗議も実らず、失格処分に
第3回
1940/10/06
阪神(鳴尾)
芝2450m
画像 ルーネラ
Lounella (JPN)
牝3/57.0kg
2:38.0 (良)
近藤 貞男
青池 良佐 (-)
250mの距離短縮
2着に8馬身差をつけて圧勝
第4回
1941/10/05
阪神(鳴尾)
芝2450m
画像 テツバンザイ
Tetsu Banzai (JPN)
牝3/57.0kg
2:43.2 (不)
稲葉 幸夫
稲葉 幸夫 (東京)
-
第5回
1942/10/11
阪神(鳴尾)
芝2450m
画像 ロツクステーツ
Rock States (JPN)
牝3/57.0kg
2:39.0 (良)
玉谷 敬治
尾形 景造 (東京)
-
第6回
1943/10/03
阪神(鳴尾)
芝2400m
画像 クリフジ
Kurifuji (JPN)
牝3/57.0kg
2:34.0 (良)
前田 長吉
尾形 景造 (東京)
5戦5勝、2着に10馬身差をつけ圧勝

太平洋戦争の影響により中断

第7回
1946/11/24
東京
芝2400m
画像 ミツマサ
Mitsumasa (JPN)
牝3/55.0kg
2:46.4 (重)
新屋 幸吉
上村 大治郎 (東京)
東京開催に移行し、レース名を "優駿牝馬" に改称
10月17日にデビューし、わずか5週間で 4戦4勝
第8回
1947/10/29
東京
芝2400m
画像 トキツカゼ
Tokitsukaze (JPN)
牝3/55.0kg
2:40.4 (稍)
佐藤 嘉秋
大久保 房松 (中山)
2着に大差をつけ圧勝
第9回
1948/11/14
東京
芝2400m
画像 ヤシマヒメ
Yashima Hime (JPN)
牝3/55.0kg
2:32.0 (良)
佐藤 嘉秋
大久保 房松 (中山)
-
第10回
1949/11/13
東京
芝2400m
画像 キングナイト
King Night (JPN)
牝3/55.0kg
2:38.0 (重)
高橋 英夫
函館 孫作 (中山)
-
第11回
1950/11/19
東京
芝2400m
画像 コマミノル
Koma Minoru (JPN)
牝3/55.0kg
2:38.0 (重)
渡辺 正人
西塚 十勝 (函館)
*セフト産駒が3年連続で優勝
第12回
1951/11/18
東京
芝2400m
画像 キヨフジ
Kiyofuji (JPN)
牝3/55.0kg
2:33.8 (良)
阿部 正太郎
田中 和一郎 (東京)
-
第13回
1952/10/05
東京
芝2400m
画像 スウヰイスー
Swee Sue (JPN)
牝3/55.0kg
2:31.4 (良)
八木沢 勝美
松山 吉三郎 (東京)
桜花賞に続いて二冠達成
第14回
1953/05/17
東京
芝2400m
画像 ジツホマレ
Jitsu Homare (JPN)
牝3/55.0kg
2:36.6 (良)
杉村 一馬
杉村 政春 (京都)
この年から、春開催に移行
第15回
1954/05/22
東京
芝2400m
画像 ヤマイチ
Yamaichi (JPN)
牝3/55.0kg
2:39.0 (不)
八木沢 勝美
尾形 藤吉 (東京)
桜花賞に続いて二冠達成
母 クリフジとの母娘二代制覇
第16回
1955/05/28
東京
芝2400m
画像 ヒロイチ
Hiroichi (JPN)
牝3/55.0kg
2:32.8 (良)
岩下 密政
矢倉 玉男 (中山)
-
第17回
1956/05/27
東京
芝2400m
画像 フエアマンナ
Fair Manna (JPN)
牝3/55.0kg
2:33.8 (稍)
佐藤 嘉秋
大久保 房松 (中山)
この後、連闘でダービーに挑戦するも6着
第18回
1957/05/19
東京
芝2400m
画像 ミスオンワード
Miss Onward (JPN)
牝3/55.0kg
2:32.0 (良)
栗田 勝
武田 文吾 (京都)
デビューから無傷の8連勝で二冠達成
この後、連闘でダービーに挑戦するも17着と大敗
第19回
1958/05/18
東京
芝2400m
画像 ミスマルサ
Miss Marusa (JPN)
牝3/55.0kg
2:33.0 (良)
八木沢 勝美
古賀 嘉蔵 (中山)
-
第20回
1959/05/17
東京
芝2400m
画像 オーカン
Okan (JPN)
牝3/55.0kg
2:33.8 (稍)
清田 十一
伊藤 勝吉 (京都)
-
第21回
1960/05/22
東京
芝2400m
画像 スターロツチ
Star Roch (JPN)
牝3/55.0kg
2:33.4 (良)
高松 三太
松山 吉三郎 (東京)
-
第22回
1961/05/21
東京
芝2400m
画像 チトセホープ
Chitose Hope (JPN)
牝3/55.0kg
2:32.5 (良)
伊藤 修司
伊藤 勝吉 (京都)
この後、連闘でダービーに挑戦してあわやの3着と善戦
第23回
1962/05/20
東京
芝2400m
画像 オーハヤブサ
O Hayabusa (JPN)
牝3/55.0kg
2:31.9 (良)
藤本 勝彦
藤本 冨良 (東京)
-
第24回
1963/05/19
東京
芝2400m
画像 アイテイオー
I T O (JPN)
牝3/55.0kg
2:32.4 (良)
伊藤 竹男
久保田 金造 (中山)
-
第25回
1964/05/24
東京
芝2400m
画像 カネケヤキ
Kane Keyaki (JPN)
牝3/55.0kg
2:31.1 (良)
野平 祐二
杉浦 照 (中山)
桜花賞に続いて二冠達成
第26回
1965/05/23
東京
芝2400m
画像 ベロナ
Verona (JPN)
牝3/55.0kg
2:31.3 (良)
加賀 武見
田中 和夫 (東京)
-
第27回
1966/05/22
東京
芝2400m
画像 ヒロヨシ
Hiroyoshi (JPN)
牝3/55.0kg
2:36.2 (不)
古山 良司
久保田 彦之 (東京)
-
第28回
1967/05/13
東京
芝2400m
画像 ヤマピツト
Yama Pit (JPN)
牝3/55.0kg
2:29.6 (良)
保田 隆芳
浅見 国一 (京都)
-
第29回
1968/06/30
東京
芝2400m
画像 ルピナス
Lupinus (JPN)
牝3/55.0kg
2:31.6 (良)
中野渡 清一
茂木 為二郎 (東京)
スタンドの増築工事により、順延開催
第30回
1969/05/18
東京
芝2400m
画像 シャダイターキン
Shadai Tarquin (JPN)
牝3/55.0kg
2:32.4 (良)
森安 重勝
尾形 藤吉 (東京)
-
第31回
1970/05/17
東京
芝2400m
画像 ジュピック
Jupique (JPN)
牝3/55.0kg
2:40.6 (不)
森安 重勝
工藤 嘉見 (栗東)
-
第32回
1971/06/06
東京
芝2400m
画像 カネヒムロ
Kane Himuro (JPN)
牝3/55.0kg
2:36.0 (不)
岡部 幸雄
成宮 明光 (白井)
馬体重わずか384kg、史上最軽量のクラシック勝ち馬
岡部幸雄騎手、デビュー5年目で八大競走初制覇
第33回
1972/07/02
東京
芝2400m
画像 タケフブキ
Take Fubuki (JPN)
牝3/55.0kg
2:28.8 (良)
嶋田 功
稲葉 幸夫 (東京)
前年末の馬インフルエンザ流行により、順延開催
第34回
1973/05/20
東京
芝2400m
画像 ナスノチグサ
Nasuno Chigusa (JPN)
牝3/55.0kg
2:28.9 (良)
嶋田 功
稲葉 幸夫 (東京)
-
第35回
1974/05/19
東京
芝2400m
画像 トウコウエルザ
Toko Elsa (JPN)
牝3/55.0kg
2:29.1 (良)
嶋田 功
仲住 達弥 (東京)
「牝馬の嶋田」こと 嶋田功騎手、同レース3連覇
*パーソロン産駒も4年連続で優勝
第36回
1975/05/18
東京
芝2400m
画像 テスコガビー
Tesco Gabby (JPN)
牝3/55.0kg
2:30.6 (稍)
菅原 泰夫
仲住 芳雄 (東京)
マイペースの楽逃げ、8馬身差をつけて二冠達成
第37回
1976/05/23
東京
芝2400m
画像 テイタニヤ
Titania (JPN)
牝3/55.0kg
2:34.4 (不)
嶋田 功
稲葉 幸夫 (東京)
馬名はウィリアム・シェイクスピアの戯曲、
「夏の夜の夢」に登場する妖精の女王の名から
第38回
1977/05/22
東京
芝2400m
画像 リニアクイン
Linear Queen (JPN)
牝3/55.0kg
2:28.1 (良)
松田 幸春
松田 由太郎 (京都)
成宮明光厩舎、クラシック史上最多の6頭出し
(結果はそれぞれ12,18,19,22,24,26着と振るわず)
第39回
1978/05/21
東京
芝2400m
画像 ファイブホープ
Five Hope (JPN)
牝3/55.0kg
2:30.2 (良)
横山 富雄
山岡 寿恵次 (東京)
-
第40回
1979/05/20
東京
芝2400m
画像 アグネスレディー
Agnes Lady (JPN)
牝3/55.0kg
2:29.6 (良)
河内 洋
長浜 彦三郎 (中京)
河内洋騎手、デビュー6年目で八大競走初制覇
活躍馬を多数輩出した配合、*リマンド × イコマエイカンの最高傑作
第41回
1980/05/18
東京
芝2400m
画像 ケイキロク
Kei Kiroku (JPN)
牝3/55.0kg
2:32.3 (重)
岡部 幸雄
浅見 国一 (栗東)
-
第42回
1981/05/24
東京
芝2400m
画像 テンモン
Temmon (JPN)
牝3/55.0kg
2:29.5 (良)
嶋田 功
稲葉 幸夫 (美浦)
-
第43回
1982/05/23
東京
芝2400m
画像 シャダイアイバー
Shadai Ivor (JPN)
牝3/55.0kg
2:28.6 (良)
加藤 和宏
二本柳 俊夫 (美浦)
桜花賞馬 リーゼングロス、レース前に放馬(結果2着)
*ノーザンテースト産駒、初のクラシック制覇
第44回
1983/05/22
東京
芝2400m
画像 ダイナカール
Dyna Carle (JPN)
牝3/55.0kg
2:30.9 (良)
岡部 幸雄
高橋 英夫 (美浦)
ゴール時に、5頭が同タイムで横一線となる大激戦
第45回
1984/05/20
東京
芝2400m
画像 トウカイローマン
Tokai Roman (JPN)
牝3/55.0kg
2:31.9 (良)
岡富 俊一
中村 均 (栗東)
グレード制の導入に伴い、GI に格付け
岡富(岡冨)騎手、平地重賞初制覇
第46回
1985/05/19
東京
芝2400m
画像 ノアノハコブネ
Noah no Hakobune (JPN)
牝3/55.0kg
2:30.7 (良)
音無 秀孝
田中 良平 (栗東)
単勝62.7倍、21番人気の伏兵が差し切って大波乱
中島啓之騎手、末期ガンの身で2着(1ヵ月後に死去)
第47回
1986/05/18
東京
芝2400m
画像 メジロラモーヌ
Mejiro Ramonu (JPN)
牝3/55.0kg
2:29.6 (良)
河内 洋
奥平 真治 (美浦)
のちの「三冠牝馬」
第48回
1987/05/24
東京
芝2400m
画像 マックスビューティ
Max Beauty (JPN)
牝3/55.0kg
2:30.9 (重)
田原 成貴
伊藤 雄二 (栗東)
桜花賞に続いて二冠達成
第49回
1988/05/22
東京
芝2400m
画像 コスモドリーム
Cosmo Dream (JPN)
牝3/55.0kg
2:28.3 (良)
熊沢 重文
松田 博資 (栗東)
熊沢重文騎手、デビュー3年目で重賞初制覇(GI初騎乗初勝利)
第50回
1989/05/21
東京
芝2400m
画像 ライトカラー
Light Color (JPN)
牝3/55.0kg
2:29.0 (稍)
田島 良保
清田 十一 (栗東)
-
第51回
1990/05/20
東京
芝2400m
画像 エイシンサニー
Eishin Sunny (JPN)
牝3/55.0kg
2:26.1 (良)
岸 滋彦
坂口 正則 (栗東)
レースレコード勝ち
第52回
1991/05/19
東京
芝2400m
画像 イソノルーブル
Isono Roubles (JPN)
牝3/55.0kg
2:27.8 (良)
松永 幹夫
清水 久雄 (栗東)
松永幹夫騎手、デビュー6年目で GI 初制覇
第53回
1992/05/24
東京
芝2400m
画像 アドラーブル
Adorable (JPN)
牝3/55.0kg
2:28.9 (良)
村本 善之
小林 稔 (栗東)
-
第54回
1993/05/23
東京
芝2400m
画像 ベガ
Vega (JPN)
牝3/55.0kg
2:27.3 (良)
武 豊
松田 博資 (栗東)
桜花賞に続いて二冠達成
第55回
1994/05/22
東京
芝2400m
画像 チョウカイキャロル
Chokai Carol (JPN)
牝3/55.0kg
2:27.5 (良)
小島 貞博
鶴留 明雄 (栗東)
皐月賞のナリタブライアンに続いて、
*ブライアンズタイムの初年度産駒がクラシック制覇
第56回
1995/05/21
東京
芝2400m
画像 ダンスパートナー
Dance Partner (JPN)
牝3/55.0kg
2:26.7 (良)
武 豊
白井 寿昭 (栗東)
ダービーのタヤスツヨシ (2:27.3) より速いタイムで勝利
短距離馬ヤングエブロスは逃げ潰れ、記録的な大敗
第57回
1996/05/26
東京
芝2400m
画像 エアグルーヴ
Air Groove (JPN)
牝3/55.0kg
2:29.1 (良)
武 豊
伊藤 雄二 (栗東)
母 ダイナカールとの母娘制覇
5位入線のノースサンデー、直線での「蛇行」により12着降着
第58回
1997/05/25
東京
芝2400m
画像 メジロドーベル
Mejiro Dober (JPN)
牝3/55.0kg
2:27.7 (稍)
吉田 豊
大久保 洋吉 (美浦)
逃げ潰れて11着に沈んだキョウエイマーチを尻目に、
直線突き抜けて桜花賞の借りを返す
第59回
1998/05/31
東京
芝2400m
画像 エリモエクセル
Erimo Excel (JPN)
牝3/55.0kg
2:28.1 (良)
的場 均
加藤 敬二 (栗東)
テン乗りの的場騎手を背に、
エアデジャヴー、ファレノプシスら桜花賞上位組を完封
第60回
1999/05/30
東京
芝2400m
画像 ウメノファイバー
Umeno Fiber (JPN)
牝3/55.0kg
2:26.9 (良)
蛯名 正義
相沢 郁 (美浦)
得意の府中コースで大外一気、桜花賞6着から巻き返す
第61回
2000/05/21
東京
芝2400m
画像 シルクプリマドンナ
Silk Prima Donna (JPN)
牝3/55.0kg
2:30.2 (稍)
藤田 伸二
山内 研二 (栗東)
2着に桜花賞馬チアズグレイス、
山内研二厩舎が3頭出しで1,2着独占
第62回
2001/05/20
東京
芝2400m
画像 レディパステル
Lady Pastel (JPN)
牝3/55.0kg
2:26.3 (良)
K. デザーモ
田中 清隆 (美浦)
ケント・デザーモ騎手、日本の GI 初制覇
第63回
2002/05/19
東京
芝2400m
画像 スマイルトゥモロー
Smile Tomorrow (JPN)
牝3/55.0kg
2:27.7 (良)
吉田 豊
勢司 和浩 (美浦)
上手くなだめて後方待機策、差し切り勝ち
第64回
2003/05/25
東京
芝2400m
画像 スティルインラブ
Still in Love (JPN)
牝3/55.0kg
2:27.5 (良)
幸 英明
松元 省一 (栗東)
のちの「三冠牝馬」
この年から、頭数制限付きで外国産馬も出走可能に
第65回
2004/05/23
東京
芝2400m
画像 ダイワエルシエーロ
Daiwa El Cielo (JPN)
牝3/55.0kg
2:27.2 (稍)
福永 祐一
松田 国英 (栗東)
桜花賞7着敗退からの巻き返し、
スイープトウショウの追撃を振り切って逃げ切る
第66回
2005/05/22
東京
芝2400m
画像 シーザリオ
Cesario (JPN)
牝3/55.0kg
2:28.8 (良)
福永 祐一
角居 勝彦 (栗東)
直線、絶望的な位置から上がり3F 33.3秒の豪脚で差し切る
次走、アメリカンオークス (GI) も優勝
第67回
2006/05/21
東京
芝2400m
画像 カワカミプリンセス
Kawakami Princess (JPN)
牝3/55.0kg
2:26.2 (良)
本田 優
西浦 勝一 (栗東)
49年ぶりの無敗制覇、「前走スイートピーS組」の初優勝
キングヘイロー産駒のGI初勝利
第68回
2007/05/20
東京
芝2400m
画像 *ローブデコルテ
Robe Decollete (USA)
牝3/55.0kg
2:25.3 (良)
福永 祐一
松元 茂樹 (栗東)
外国産馬のクラシック初制覇、福永騎手は4年連続連対
ベッラレイア2着惜敗、ダイワスカーレットは感冒で出走回避
第69回
2008/05/25
東京
芝2400m
画像 トールポピー
Tall Poppy (JPN)
牝3/55.0kg
2:28.8 (稍)
池添 謙一
角居 勝彦 (栗東)
大きく内にモタれながらも、桜花賞8着から巻き返す
エフティマイアは桜花賞に続いての2着、またも大魚を逃す
第70回
2009/05/24
東京
芝2400m
画像 ブエナビスタ
Buena Vista (JPN)
牝3/55.0kg
2:26.1 (良)
安藤 勝己
松田 博資 (栗東)
上がり3F 33.6秒、レッドディザイアを辛くもハナ差捕らえる
本馬場入場時、ワイドサファイア(岩田康誠)が放馬し競走除外
第71回
2010/05/23
東京
芝2400m
画像 アパパネ
Apapane (JPN)
牝3/55.0kg
2:29.9 (稍)
蛯名 正義
国枝 栄 (美浦)

この年から、国際競走として開催
国内GI史上初の同着優勝

古賀慎明厩舎とゼンノロブロイ産駒がGI初制覇

画像 サンテミリオン
Saint Emilion (JPN)
牝3/55.0kg
2:29.9 (稍)
横山 典弘
古賀 慎明 (美浦)
第72回
2011/05/22
東京
芝2400m
画像 エリンコート
Erin Court (JPN)
牝3/55.0kg
2:25.7 (良)
後藤 浩輝
笹田 和秀 (栗東)
笹田和秀厩舎、開業3年目でGI初制覇
ホエールキャプチャは出遅れ3着惜敗、桜花賞馬マルセリーナは4着
第73回
2012/05/20
東京
芝2400m
画像 ジェンティルドンナ
Gentildonna (JPN)
牝3/55.0kg
2:23.6 (良)
川田 将雅
石坂 正 (栗東)
のちの「三冠牝馬」が、2着ヴィルシーナに5馬身差をつけて完勝
レースレコードを大幅に塗り替える
第74回
2013/05/19
東京
芝2400m
画像 メイショウマンボ
Meisho Mambo (JPN)
牝3/55.0kg
2:25.2 (良)
武 幸四郎
飯田 明弘 (栗東)
武幸四郎騎手は7年ぶり、飯田厩舎は開業25年目で初のGI制覇
追加登録料200万円を払って出走、松本オーナーの恩に報いる勝利
第75回
2014/05/25
東京
芝2400m
画像 ヌーヴォレコルト
Nuovo Record (JPN)
牝3/55.0kg
2:25.8 (良)
岩田 康誠
斎藤 誠 (美浦)
断然人気ハープスターの追撃をクビ差抑える
第76回
2015/05/24
東京
芝2400m
画像 ミッキークイーン
Mikki Queen (JPN)
牝3/55.0kg
2:25.0 (良)
浜中 俊
池江 泰寿 (栗東)
-
第77回
2016/05/22
東京
芝2400m
画像 シンハライト
Sinhalite (JPN)
牝3/55.0kg
2:25.0 (良)
池添 謙一
石坂 正 (栗東)
-
第78回
2017/05/21
東京
芝2400m
画像 ソウルスターリング
Soul Stirring (JPN)
牝3/55.0kg
2:24.1 (良)
C. ルメール
藤沢 和雄 (美浦)
藤沢和雄厩舎、JRA重賞通算100勝達成
回次
開催年月日
開催地
距離
優勝馬
(生産国)
性齢/斤量
タイム
騎手
調教師(所属)
備考
この記事を共有する

補注

* 印は本邦輸入馬を表しています。

馬齢・タイムの表記は現在の基準に合わせています。

なお1939年のタイム欄のみ、1位入線馬ヒサヨシの走破タイムを記載しています。

競走馬・騎手・調教師が登録名変更を行った場合は、
本競走に出走した時点での姓名を記載しています。

使用されている馬アイコンについて

個人サイト・ブログ・各種SNSなど
非営利目的の使用に限り、フリー素材として提供しています。

画像の改編、二次配布、画像への直リンク等はご遠慮下さい。

商用でのご利用時は別途連絡下さいますようお願い致します。

種牡馬別勝利数 (3勝以上)

勝数 馬名(生産国) 優勝年
4勝 *セフト (GB) 1948,1949,1950,1952
4勝 *パーソロン (IRE) 1971,1972,1973,1974
3勝 *ノーザンテースト (CAN) 1982,1983,1992
3勝 *トニービン (IRE) 1993,1996,2001
3勝 *サンデーサイレンス (USA) 1995,2003,2004
3勝 ディープインパクト (JPN) 2012,2015,2016

調教師別勝利数 (3勝以上)

勝数 調教師名 優勝年
5勝 尾形 藤吉(景造) 1938,1942,1943,1954,1969
5勝 稲葉 幸夫 1941,1972,1973,1976,1981
4勝 大久保 房松 1939,1947,1948,1956
3勝 松田 博資 1988,1993,2009

騎手別勝利数 (3勝以上)

勝数 騎手名 優勝年
5勝 嶋田 功 1972,1973,1974,1976,1981
3勝 佐藤 嘉秋 1947,1948,1956
3勝 八木沢 勝美 1952,1954,1958
3勝 岡部 幸雄 1971,1980,1983
3勝 武 豊 1993,1995,1996
3勝 福永 祐一 2004,2005,2007

「牝馬三冠」とは?

1桜花賞阪神1600m
2オークス(優駿牝馬)東京2400m
3秋華賞京都2000m

1995年まではエリザベス女王杯が第3戦。

三冠達成馬は メジロラモーヌ、スティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナ の4頭。

なお、ジェンティルドンナは達成後さらにジャパンカップでも優勝しています。

その他のコンテンツ


© おうまのアイコン wire-to-wire All rights reserved.   お問い合わせ

inserted by FC2 system